Teaching is Creating

Alexis Cole

  • Teaching is Creating

    1 hr

    100 US dollars

ジョナサン・シュワルツによって「現代の素晴らしい声の持ち主の1人」と呼ばれるアレクシス・コールは、サラ・ヴォーンやアニタ・オデイなどのクラシックジャズシンガーと比較されています。彼女はボストン・ポップスとニューヨーク・フィルハーモニーと一緒にステージに立ち、エイブリー・フィッシャー・ホールやケネディセンターなどのコンサート場でパフォーマンスしました。彼女はMotémaMusic、Chesky Records、Venus RecordsからCDをリリースしています。フレッド・ハーシュ、エリック・アレクサンダー、バッキー・ピッツァレッリ、マット・ウィルソンなどの著名な音楽家をフィーチャーした彼女の11枚のCDは、ジャズ業界で高い評価を得ており、世界中のラジオで聴くことが出来ます。彼女のたくさんの素晴らしいステージでのパフォーマンスに加えて、リンカーンセンターのディジーズクラブ、バードランド、ザ・ジャズスタンダード、ブルースアリー、東京のコットンクラブなどのトップジャズクラブに出演しています。 アレクシスは日本のジャズ雑誌・スウィングジャーナルのゴールドディスク賞を受賞し、NYジャズモビルおよびモントルー・ジャズフェスティバルのボーカルコンペティションで優勝しました。彼女は、マイアミ大学、ウィリアム・パターソン大学、クイーンズカレッジの卒業生です。

ニューヨークのSUNY Purchase Collegeでジャズボーカルプログラムの責任者を務めるボーカリストのアレキシス・コールは、生徒が独自の声を見つけられるように常に新しい方法を模索しています。説得力のあるトーンとテクニックに焦点を当て、誠実さとコミュニケーションへの情熱を持つアレクシスは、深く聴衆とつながることを望んでいる歌手からの要望が強い説得力を持った教師です。彼女は、西洋クラシックとインドクラシックのボーカル・テクニックに関する10年以上のテクニック・トレーニング経験を持ち、ジャズスタイルとスイングの解釈、ならびに劇場トレーニングと長年のパフォーマンスを十分に理解して仕事に取り組んでいます。 「コール教授は最高の意味でタフだ」とは、彼女の勤務モットーを凝縮したコメントです。彼女は売れっ子のパフォーマーであり、教授、そしてレコーディング・アーティストです。ニューヨーク・タイムズは彼女の声を「絶妙」と呼びました。アレクシスにとって、教えることは創造的なプロセスの一部です。 「私が曲を書いたり、小節を歌ったりするのと同じように、生徒たちと一緒になって彼らのオリジナリティを作り出して行く。それは即ちアートです。」

Brenda K Lee

Professional Vocalist

Susan Mack

Professional Vocalist

Steps to Finding your Key, the Quick and Dirty Method®

Lead Sheet Checklist

Getting Started Making a Lead Sheet in

Sibelius First

List of Arranging Ideas

©2020 by JazzVoice.com