Screen%20Shot%202020-05-29%20at%2012.07_

Justin Binek

A Dedicated Voice Instructor

ジャスティン・バイネックは、国際的に有名なジャズシンガー/クラシックシンガーであり、ピアニスト、教育者、作曲家/編曲家です。彼は、Jazz Education Networkの年間会議で頻繁に司会者及びパフォーマーを務め、ジャズ・ボーカル教育学の分野に多大な貢献をしてきました。「The Art and Craft of Scat Singing and Melodic Alteration」(Diana Spradling's Jazz Singingより出版 ) 「Developing Artistry and Authenticity」(Sound Music Publicationsより2007年に出版)、「Vocal Pedagogy for the Jazz Singer」(Diana Spradlingと共著、Choral Journalより2015年に出版)、及び2017年には、論文「The Evolution of Ella Fitzgerald's Syllabic Choices in scat singing:1943年から1952年の彼女のデッカレコードの徹底分析。」を執筆、彼はまた、Michele Weirのスマホ向けアプリ"ScatAbility"のインストラクター陣の中に加わっています。

 

ジャスティンはパフォーマーとしては、アルバム"Songbook"をバンドリーダーとしてリリース、サイドマンとして多数レコーディングしています。彼は、カンザスシティのカンザス・コミュニティカレッジの

音楽理論とジャズ即興の助教授です。

また、ジャズハーモニー・リトリート(アイオワ州クレストン)、Halewynstichtingジャズワークショップ(ベルギー、ドウォープ)、 作曲&音楽制作キャンプ(オハイオ州ティフィン)の教員も務めています。彼は以前、芸術大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)およびメアリー大学(ノースダコタ州ビスマルク)で教鞭をとっていました。詳細については、 www.justinbinekjazz.comにアクセスしてください。

Fred Kiser

Kirkwood Community College

Arthur White

California Polytechnic University

Kip Vaughan

Kansas City Kansas Community College

Justin Binek Kansas City Jazz Camp.jpg
with Katrien Van Opstal
Kansas City Jazz Camp
Teaching at Jazz Harmony
Singing
JEN Presentation
Headshot

The Evolution of Ella Fitzgerald's Syllabic Choices in Scat Singing: a Critical Analysis of Her Decca Recordings, 1943-52

  • Online Teaching for Non-Online Teachers

  • Effective Vocal Improvisation

  • Pedagogy for the Jazz Singer

Contact

Booking

  • 1 hr

    100 US dollars

©2020 by JazzVoice.com