Marguerite Juenemann

A Life of Improvisation

ダイナミックなボーカリストのマーグリット・ジェネマンは、コロラド州ボールダーを拠点としたヴォーカルグループ、Rare Silkのメンバーとしてスタートを切りました。彼らはベニーグッドマンバンドで世界中を公演し、カーネギーホールでの演奏は最高潮に達し有名になりました。その時のマーグリットをニューヨークタイムズはひとりだけ取り上げ、「強力な個性のソロ」と評しました。それは彼女にソロ活動を始める自信を与え、それから今日までおよそ30年続いています。

 

彼女のソロキャリアは、リチャード・デイビス、アート・ロンダ、ナンシー・キング、マーク・マーフィー、クラーク・テリー、シーダー・ウォルトン、ルイス・ポーター、エリック・ガニソン、ジョニー・スミスなど数多くのミュージシャンとの共演に続いています。

 

何年にも渡り国際的にもツアーを行い、ヨーロッパ各地では教育的なワークショップも実施しました。彼女は指導者として、ソロの即興技術からハーモニー、アンサンブルのアレンジまですべてを網羅しており、歌のアンサンブルとソロの両方を指導します。

©2020 by JazzVoice.com