Screen%20Shot%202020-05-29%20at%2012.07_

Maucha Adnet

Passing on Jobim's teaching

By_ Luzia Grob dos Santos.JPG

Maucha Adnetはブラジルのリオデジャネイロで生まれ、1978年から1984年までボーカルグループCéuda Bocaのメンバーとして15歳でプロとして歌い始めました。Céuda Bocaとともに、マウチャはブラジルをツアーし、2枚のアルバムがポリーグラムからリリースされました。

1984年から1994年まで、彼女は伝説的な作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンと世界中で演奏し、それが彼女がニューヨークの行きに繋がり、結果的に1987年以来彼女が移り住むことになりました。

 

マウチャは、ニューヨークに住んで以来自身のバンドと共に、ランディ・ブレッカー、スライド・ハンプトン、クラウディオ・ロディティ、ドゥドゥカ・ダ・フォンセカ、トリオ・ダ・パス、マリオ・アドネット、ウィントン・マルサリス、バッキー・ピッツァレッリなどのアーティスト達との数多くのレコーディングやショーに参加しています。

マウチャはまた、世界中の多くの地域でブラジル音楽をテーマにしたワークショップで教え、様々なブラジルスタイルの音楽のフレージングと解釈に関する専門知識を広めています。

「マウチャと私は、1984年からBanda Novaと一緒に世界中を旅してきました。彼女は素晴らしい歌手です。彼女の声は深く、豊かで、神秘的です。ブラジルの森を恋しくさせます。

 

マウチャは教養があり、とても音楽的な家庭で育ちました。彼女は良識があり、素晴らしい女性、偉大なアーティストです。」

                                                              

マウチャのファン、

アントニオ・カルロス・ジョビン

Tom Jobim & Maucha Adnet, Brooklyn, NY .

Contact

Thanks for submitting!

Booking